アイフォ戦士 戦い方。

米国経済指標が良好だからドル円200枚買い,米国経済指標悪化ドル円200枚売りなんてことをしているだけで、iforex毎回20pIPS取りできるほど,FXの世界は甘くない。この認識を持ったアイフォ戦士は、米国経済指標が予想よりも良いかと、米国経済を押し上げる要因があるか、米国経済指標の数値自体が客観的に良いか?悪いか?と、米国経済が押し下げる傾向があるかと、負けることを見越してロットを下げていくかということを頭の中で整理して、iforex口座でFX取引をすることが可能になります。

人には楽観的バイアスがあり、自分がFX必勝法を使えば、fx取引で負けることはないと思い込む習慣があります。これをもってしまっているアイフォ戦士は、楽観的バイアスをもったことが原因で,iforex口座でゼロカット直撃で、100万円~150万円失うことになります。ということで、アイフォ戦士 戦い方。に触れていきます。

アイフォ戦士の大半は生き残れない。

1.ゼロカットが起こりうることを理解した戦略がとれるアイフォ戦士。

ドル円50PIPSゼロカット、ドル円100pipsゼロカット、ドル円150PIPSゼロカット、ドル円200PIPSゼロカットをされることは現実に起こりうることを理解しており、ドル円で2000PIPSの含み損に耐えられるレバレッジしか使わない戦い方をしているアイフォ戦士は生き残れるが、ドル円50PIPSゼロカット、ドル円100PIPSゼロカットされることしかないだろうと思い込んでおり、ドル円100PIPSの含み損でゼロカされるレバレッジを使ってしまうアイフォ戦士は生き残ることができない。

2.損失による精神の崩壊を制御できるアイフォ戦士の戦い方。

損失を出すと、損失を取り戻すことができないのではないか?と思い、自分の精神が崩壊してしまいうのが負け組アイフォ戦士。これに分類されるアイフォ戦士は、損切りしなければ、損失をだしたことにはならないと思い込み、iforex口座の含み損150PIPSの通貨ペアのポジションを損切りしないままを継続し、含み損150PIPSのドル円ポジションを抱え続ける苦しみを長期間感じることになります。

損失を出しても、次のFXトレードで利益を出せばOKだし、1年間トータルで1万円儲かればいいと思えるのがアイフォ戦士。これに分類されるアイフォ戦士は、間違えたと直感で感じたら3PIPSでも損切りするし、これはあかんやつやと直感で感じたら50PIPSでも損切りするので、だれも予測しないような大相場でも退場しないで生き残れる。

3.ポンド円をいじるアイフォ戦士は生き残れない。

50PIPSでゼロカットになるレバレッジでポンド円トレードをするアイフォ戦士は、ポンド円の7円上げで、ポンド円売り50枚ゼロカット、ポンド円8円下げで、ポンド円買い50枚ゼロカットの経験をして、どうやったらポンド円トレードで利益が出せるかわからないと嘆いています。

1000PIPSでゼロカットにあるレバレッジで、損切りしないルールでポンド円トレードをしているアイフォ戦士は、ポンド円10円急上昇で、ポンド円5枚売りゼロカット、ポンド円10円急下落でポンド円買いゼロカットの経験をして、ポンド円で勝つ方法なんてない、ポンド円をやらないほうがいいという結論に。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーン開催中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする