ハイレバ特有の損切りできない問題。

ハイレバを活用し、ドル円20枚のポジションが含み損15PIPSを抱え、含み損30000円という数字を目にしてしまうと、今損切りをしたところで、30000円もの大金を失ってしまうことになるから損切りなんてできないという感情がでてきます。こうなると、ドル円20枚のポジション含み損15PIPSを損切りしないし、ドル円20枚のポジション含み損0.0PIPSになってくれと祈るようになります。これらの流れを経験した人がたどる末路は、ドル円20枚のポジションがゼロカット。

上記のことを一度体験すると、ハイレバトレードをするときに損切りができなくなってしまい、損切り注文を実行する意味もこめて、レバレッ50倍でFX取引をするがいいという答えがでるか、100パーセントゼロカットされないレバレッジ3倍固定でFX取引をしたほうがいいんじゃないのか?という答えが出ます。

ハイレバで損切りできなくてもいいと割り切る。

1万円ゼロカットを受け入れる覚悟を持ち、1万円ゼロカットされたら次のトレードで2万円の利益確定をすればいいと思うことができるのであれば、海外FX1万円チャレンジを100回やり、60回1万円以上の利益確定、40回1万円ゼロカットを実現させることを目指すのもあり。

100万円ハイレバチャレンジで損切りしないと、最大100万円の損失がでてしまい、運が悪いと自分の精神が病んでしまうことがありますので、損切りができない人は100万円ハイレバチャレンジはしないほうがいいし、30万円ハイレバチャレンジをしないほうがいいし、50万円ハイレバチャレンジをしないほうがいい。

ハイレバで損切りできるメンタル

3時間~24時間スパンでFXトレードをしてしまうと、ハイレバでの損失を認めたくないが故に損切りしないを選んでしまうが、1ヶ月以上スパンでFXトレードをすると、ハイレバでの損失を認めるのが最善策であると気づきます。それでも、今回こそはたまにしか訪れないビッグチャンスが到来したんじゃないかと思うと、ハイレバで損切りするルールを破り、損切りなんてハイレバトレードだということをしてしまうんだ。

ハイレバで10万円を50万円にしたり、ハイレバで20万円を100万円にしたルートしか体験しかないと、ハイレバで損切りは愚策、ハイレバをやめるなんてもっと愚策だと感じる。このモードから抜け出すには、ハイレバで10万円を失う、ハイレバで50万円を失うしかないようだ。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円プレゼントキャンペーン開催中です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする