FXハイレバでロスカットをしない人。

自分にとって1万円がとるにたらないお金である断言するのであれば、1万円ハイレバチャレンジ中に、ドル円4枚のポジションを損切りせずに、ドル円4枚のポジションをアホールドする選択をするのもあり。反対に、自分にとって、1万円が重要なお金であれば、1万円ハイレバチャレンジをしないのもありだし、1万円ハイレバチャレンジでロスカットをするのも戦略にいれるといいだろう。これら二つの経験をしたトレーダーは、余剰資金がないときは、1万円ハイレバチャレンジをしない、余剰資金があるときだけ1万円ハイレバチャレンジをするというシンプルな道を選びます。

FXハイレバでロスカットをしない人。

1.3万円ゼロカットを恐れる。

3万円ゼロカットされたくないかつ、3万を守りぬきたいの感情に支配されている状態だと、3万円ハイレバチャンレンジ中に、12枚のドル円ポジションをロスカットできないし、12枚のドル円のポジションがゼロカットマジかになったら指をくわえてみているだけになる。また、3万円ほどの資金だと、失う額の少ないだろうという安心感から、12枚のドル円ポジションをロスカットする決断ができます。

2.50万円ゼロカットを恐れる。

50万円ゼロカットされたくないかつ、50万円を守りぬかねばならないという使命感がある状態だと、50万円ハイレバチャレンジ中に50枚のドル円ポジションの含み損が95PIPSで、ゼロカットまで後5PIPSになっても、50枚のドル円ポジションをロスカットしない。これをやっていると運がよければ、50枚のドル円ポジションの含み損が0.0PIPSになりますが、運がわると、50枚のドル円ポジションの含み損が100PIPSとなり、50枚のドル円ポジションが消え去ります。

3.ユーロ円3円下げに巻き込まれる。

10万円ハイレバチャレンジをしているとき、ユーロ円の3円下げに巻き込まれ、ユーロ円10枚のポジションがゼロカットされてしまいました。こういう経験をすると、ユーロ円トレードは突如退場する危険があるものであると常に認識していないといけない。

4.ポンド円2円上げに巻き込まれる。

20万円ハイレバチャレンジをしているときに、ポンド円いきなりの2円上げに巻き込まれ、ポンド円20枚のポジションがゼロカットされてしまった。こういう経験をすると、ポンド円トレードに怖いという意識を抱いてしまい、ポンド円アホールドをするということができなくなってしまう。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円誰でもゲットできる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする