ハイレバFX 資金管理

1万円を3万円にしたいとか、3万円を10万円にしたいとか、20万円を60万円にしたいとか、60万円を180万円にしたいんだという欲求を相場に持ち込むと、1万円を3万円にしないといけないから絶対にドル円のポジションを損切りできないとか、3万円を10万円にしないといけないから絶対にポンド円のポジションを損切りすることができないとか、20万円を60万円にしないといけないから、ユーロ円のポジションを絶対に損切りすることができないとか、60万円を180万円にしないとか豪ドル円のポジションを絶対に損切りすることができないという問題が起きます。こういう問題を完全に回避するには、1万円をOO円にしたい、10万円をOO円にしたい欲求をすべて捨てきり、ハイレバでも損切りをするし、ハイレバでもアホールドをすることを実行することができるようになればいい。今回は、ハイレバFX 資金管理について。

ハイレバFX 資金管理ができなくなる理由。

ハイレバFXで資金管理ができなくなる一つの理由は、損切りをしたらメンタルに完全に回復不可能な損失を出してしまうという思いで損切りができなくなり、利益を出したいという思いで今現在のドル円・ユーロ円・ポンド円相場を正しくみることができないから。これをリアルで体験すると、ハイレバで資金管理をするには、1000万円の余剰資金を用意して、1万円でハイレバトレードをすればいいだけだし、余剰資金ではなく失ってはいけないお金でハイレバトレードをしているから、今現在のドル円・ユーロ円・ポンド円相場を正しくみることができます。

ハイレバFXで、なにをやっても資金管理ができないという結論に至った人は、ハイレバFXをすることを完全にやめて、100%退場しないで最終的に利益が出るレバレッジを使ってFX取引をするしかない。

ハイレバFXの資金管理のすべて。

ハイレバFXの資金管理のすべては、利益がでて当然だというときはハイレバFX〔失ってもいいお金が種〕で挑み、利益が出て当然ではないというときは、低レバFXで挑むことができるができるや、ハイレバトレードが成功しない前提の視点でロット数調整と損切りをしているや、比較的FXトレード回数を減らすの3つ。これらがすべてできる人は、ハイレバ資金管理の達人であるし、ハイレバ資金管理ができず、そうばから退場することはない。

1.利益が出る見込みがあるときはハイレバ、利益がでないかものときは低レバ。

利益が出る見込みがあるときはハイレバ、利益がでないかものときは低レバでも、利益がでる見込みのときのハイレバトレードでゼロカットをされるかもしれないので絶対に安全ではない。ではどうすればいいのか?については、利益が出る見込みがあるときに、低レバトレード、利益がでないかものときは何もしない。

ハイレバトレードが成功しない前提の視点でロット数調整と損切りをしている

ハイレバトレードで成功する前提があるから、ロット数が大きくなりすぎてしまうわけですが、ハイレバトレードで失敗するという前提があれば、ロット数が大幅に少なくなるわけです。それと、ハイレバトレードで成功が当たり前だと思うから損切りしなくなるし、ハイレバトレードで損失確実だと損切りをするようになる。

比較的FXトレード回数を減らす

30回ハイレバトレードをすると、30回の10回は損失を出すことだってありえますが、3回だけハイレバトレードをすると、ハイレバトレードで3連勝してしまいます。

公式サイト
GEMFOREX
GemForex口座開設ボーナス2万円、誰でもゲット可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする