追証なしゼロカットシステムのメリットとデメリット

ぶっちゃけると、追証ありゼロカットシステムなしのFX口座でのFX取引をしていると、追証にあったらどうやって追証金を支払おうか?とか、経済指標時のスプレッドの広すぎる問題に不満がたまってくるとか、スプレッドが0.3PIPS~0.5PIPSのレベルから30PIPS~50PIPSまで大きく開く問題をどう解決するとか、どうやってもレバレッジ25倍のFX取引で数億円稼げる未来が見えないという不安を感じるなどの複数の悩みを感じながらFX取引をすることになります。

さらにぶっちゃけると、追証なしゼロカットシステムありのXM口座でFX取引をしていると、追証で3000万円の借金を背負ったらどうしようといった悩みを抱えることもありませんし、スプレッドが1.0PIPS~2.0PIPSのレベルから広がらないという安心感を持つことができますし、少ないトレード資金で大きなロットでのFX取引を躊躇なく、行うことができます。今回は、追証なしのゼロカットシステムのメリットとデメリットをテーマにして記事を書いていきます。追証なしのゼロカットシステムのメリットについて。

追証なしのゼロカットシステムのメリットについて。

1.追証が怖い、追証の借金が来たらどうするのだろうか?という不安を持たなくてもすむ。
追証ありのゼロカットありのFX口座の取引だと、追証が怖い、追証の借金がきたらどうするんだよーという不安を持ちながら、FX取引をすることになります。それに比べて、追証なしのゼロカットありの海外FX口座の取引だと、追証なんて恐れる必要はないという強気な気持ちをもってFX取引をすることができます。この二つのことから出た答えは、追証という不安から逃れるには、追証なしゼロカットありの海外FX口座でFX取引をするしかないのよ。

2.経済指標スキャルピング向き。
追証なしのゼロカットシステムありの海外FX口座は、米国の経済指標でもユーロ圏の経済指標が発表される前後に、スプレッドが1.0PIPS~3.0PIPSに固定されいます。そのこともあって、世界の第一線で大活躍しているFXトレーダーは、追証なしのゼロカットシステムありのXM口座で経済指標スキャルピングをしています。

3.ハイレバスキャルピング向き。

追証なしのゼロカットシステムありのXMのZERO口座は、スキャルピングをすることに適した1.0PIPS~1.5PIPSのスプレッドで通貨ペア取引をすることができます。そのこともあって、世界でトップクラスのFXトレーダーは、XMZERO口座で、ハイレバスキャルピングをしています。

4.口座開設ボーナスのキャンペーンを開催している。

追証なしのゼロカットシステムありのGEMFOREXであれば、2万円口座開設ボーナスのキャンペーンを開催していますし、追証なしのゼロカットシステムありのXMでは5000円口座開設ボーナスキャンペーンを開催していますし、追証なしのHOTFOREXであれば、5000円口座開設ボーナスのキャンペーンを開催していますし、追証なしのゼロカットシステムありのis6であれば、1万円の口座開設ボーナスキャンペーンを開設しています。また、海外FX口座の口座開設ボーナスはFX取引にも使えますが、海外FX口座開設ボーナス単体ではつかえません。

5.100パーセント入金ボーナスのキャンペーンを開催している。

追証なしゼロカットシステムありのXM口座では、100パーセント入金ボーナスのキャンペーンを開催していますし、追証なしのゼロカットシステムなしのBIGBOSS口座では100パーセント入金ボーナスキャンペーンを開催しています。また、XMやBIGBOSS以外の海外FX口座は、100パーセント入金ボーナスキャンペーンはありませんが、入金ボーナスのサービス自体は存在しています。

6.ハイレバレッジでのFX取引ができる。

XM口座では、レバレッジ888倍〔ハイレバレッジ〕のFX取引ができるだけます。GEMFOREXでは、レバレッジ1000倍〔ハイレバレッジ〕のFX取引ができます。BIGBOSSでは、レバレッジ555倍〔ハイレバレッジ〕のFX取引をすることができます。FXPROはレバレッジ500倍〔ハイレバレッジ〕のFX取引ができます。

7.ゼロカットありの海外FX口座では、MAX損失額=海外FX口座入金額。

海外FX口座のMAX損失額=海外FX口座入金額となっていますから、海外FX口座に1万円入金すると最大1万円の損失がでて、海外FX口座に10万円入金すると最大10万円の損失ができ、海外FX口座に50万円入金すると最大50万円の損失がでて、海外FX口座に100万円を入金すると最大100万円の損失がでて、海外FX口座に1000万円を入金すると、最大1000万円の損失がでて、海外FX口座に1億円を入金すると最大1億円の損失がでます。この事実があるので、海外FX口座に入金した以上の金を海外FX取引で失うことはありません。

8.商品&指数&仮想通貨&株の取引が可能。

ゼロカットありの海外FX口座では、商品&指数&仮想通貨&株の取引をすることができますが、ゼロカットなしの国内FX口座では、商品&指数&仮想通貨&株の取引をすることができません。この事実があるので、商品&指数&仮想通貨&株取引をしたい人は、ゼロカットありの海外FX口座でFX取引をするようにすべし。

9.ゼロカットありの海外FX口座は、口座凍結されにくい。
ゼロカットなしの国内FX口座は、FXトレーダーが独自のスキャルピング手法を使い、スキャルピング取引で利益を得ると、国内FX口座が凍結されることもあります。それに対して、ゼロカットありの海外FX口座は、FXトレーダーが独自のスキャルピング手法を使い、スキャルピング取引で利益を得ても、海外FX口座が凍結されることはありません。この二つのことからでた答えは、口座凍結を防ぎたいFXトレーダーは海外FX口座を使っています。

10.ゼロカットありの海外FX口座は取引量ボーナスがもらえる。

ゼロカットありの海外FX口座は、10000枚の通貨ペア取引量分の取引量ボーナスをもらうことができますが、国内FX口座では、10000枚の通貨ペア取引分の取引量ボーナスをもらうことができませんから、取引量ボーナスを受け取りたい人はゼロカットありの海外FX口座を利用しています。

追証なしのゼロカットシステムのデメリットについて。

1.強制ロスカットシステムがない。

追証なしのゼロカットありのアイフォレックスには、ロスカットシステムがなく、ゼロカットシステムのみが搭載されています。また、BIGBOSSやXMには、20パーセントロスカットシステムがあります。

2.住民確認書類の提出をしなければいけない。

追証なしゼロカットありの海外FX口座開設を完了させるにはは、住所確認書類を海外FX口座運営に提出しなければいけません。また、追証明国内FX口座は、住所確認書類を国内FX口座に提出しなくても、国内FX口座開設が完了します。

3.ゼロカットありの海外FX口座はスプレッドが大きい。

ゼロカットなしの国内FX口座のDMMは、ドル円スプレッド0.3PIPSの極狭スプレッドを提供しているし、ゼロカットなしの国内FX口座のSBIFXはドル円スプレッド0.27PIPSを提供しているし、ゼロカットなしの国内FX口座の外為ジャパンもドル円スプレッド0.3PIPSを提供してます。また、ゼロカットありの海外FX口座のドル円スプレッドは1.0PIPS~2.0PIPSとなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする